レーザープリンター印刷とSIJ印刷

レーザープリンター印刷

レーザープリンターでの印刷見本(片目の幅:約5mm)

レーザープリンターの印刷よりオフセット印刷の方が網点が目立たないと思いますが、網点が見られます(AMスクリーニング)。

離れて観賞するには問題ありませんが、デジタルカメラのマクロでは上のような感じで見えます。網点が気になる場合、オフセットで印刷であればFMスクリーニング(網点が目立たない方式)がおすすめです。

SIJ印刷

SIJ印刷での印刷見本(片目の幅:約5mm)

専用コーティング紙とかなり相性が良く、にじみも最低限に抑えられています。

シルク印刷のような単色のムラのなさには及びませんが、多色を利用する中間色同士のグラデーションも印刷できます。

弊社で販売しているカスタムアイデカールも同じ印刷方式で印刷されています。


レーザープリンターと熱転写式プリンター

レーザープリンターや熱転写式プリンターなどの家庭用印刷機について

弊社製クリアデカールTHとの相性

クリアデカールTHはレーザープリンターとの相性が良いため、トナーや熱転写式インクリボンが剥がれ落ちることが少なく、強固な印刷面が得られます。

弊社でも試作用途に使用しています。

乾燥の有無の違い

SIJ印刷は乾燥庫での高温乾燥が必要なのですが、レーザープリンターであれば印刷した直後からデカールとして使用可能です。

左がレーザプリンター印刷 右がSIJ印刷

1メートルほど離れて見ると、差はありません。


レーザープリンター

トラッキングコードの存在

以前に比べてかなり安く手に入るようになってきたレーザープリンターですが、デカールを印刷する際に特に問題となるのは、トラッキングコード(機種選別コード)と呼ばれる、印刷があることです。

カラーレーザープリンターは、印刷時にセキュリティー目的で細かなトラッキングコードを同時に印刷しています。

ブラザー社製プリンターの例

ブラザー社のプリンターでは、トラッキングコードが薄い黄色の斑点として印刷されます。特にグロス仕上げのものに印刷したデカールを白い塗装の上に貼ると、ときに黄色い斑点が汚れのように残ります。

紙に印刷する「印刷物」としてはまったく問題ないのですが、目を凝らせば見えるような斑点ですので、模型用としては避ける判断をしました。

トナーの定着と解像度

トナーの定着には問題ないものの、色によって解像度はかなり低く見えます。

熱転写式プリンター(MDプリンター)

インクリボン特有の問題

熱転写式プリンターでは、インクリボンを使用することがあります。

インクリボンでの印刷では、インクリボンの幅を越えるベタ印刷をするときに、リボンの間の筋が印刷面に出るという避けられない点があります。

 

ALPS社製ブリンターの例

ALPS社のMDプリンターシリーズはインクリボンでの印刷のため、上記のインクリボン特有の問題があります。

また、解像度が低いという問題もありました。

 

満足できる濃度の白が刷れる唯一と言っていい家庭用の印刷機でしたが、現在では製造・販売が終了しているため、最新の技術を使った新しい家庭機が望まれます。

弊社ではMD-5500,5000を使用していました。


レーザープリンターで蛍光白トナー印刷

2015年8月より、弊社オンラオンショップでレーザープリンター用の白トナーカートリッジを販売始めました。

トナーの定着と解像度

印刷品質はレーザープリンターの性能によるため、前述の通りであまり解像度は高くありませんが、自宅で白が印刷できるというアドバンテージがあります。

 

トナーの定着と解像度

白の濃度は、SIJ印刷の白2回重ねとほぼ同じと良好です。蛍光ではないただの白トナーもあるにはあるのですが、定着と白濃度の問題があります。

そのため、少し高価にはなりますが「蛍光白トナー」を、デカール用白トナーとして販売しています。販売はハイキューパーツの直営オンラインショップで行っています。


レーザープリンター用の蛍光白トナーについて

弊社オンラインショップで販売している蛍光白トナーには、デカール用紙「クリアデカールTH」30枚セット同梱しています。

市販の対応レーザープリンターに別途必要です。Kトナー(ブラックトナー)を蛍光白トナーに差し替えて使います。詳細はブログに掲載しています。


蛍光白トナーで印刷した例

白の濃度は、SIJ印刷の白2回重ねとほぼ同じくらいになり、良好です。自宅のプリンターで白印刷のデカールを作ることができれば、作品の幅が広がります

蛍光白トナーなので、ブラックライトに反応して光ります


株式会社ハイキューパーツの運営する模型用水転写式デカールの印刷サービス。小ロットかつ高精細を両立した新式印刷デカールです。

株式会社ハイキューパーツは模型用品を専門とするメーカーです。2007年からデカール印刷の新しい方法の研究を始め、2013年にデカール印刷製法を確立。2014年には前述のSIJ印刷製法の不足部分を補うCF印刷式を新たに開発。小ロット=品質を落とすのではなく、個人でも手の届く数量・料金で高精細デカール印刷サービスを運営します。


住所/山口県山口市中央五丁目8-7 オフィスQ 電話/083-976-6663

問い合わせ可能時間/9:30〜18:00(平日) メールでのご連絡は「お問い合わせ」より

上記不通の場合に限り(本社:083-932-1323 でデカール担当をお呼び出しください)

休業日/株式会社ハイキューパーツの休業日に準ず(基本的に土・日・祝日)