CF印刷についての詳しい説明


白のために追加で開発

SIJ印刷で苦手とする高濃度の「白」を短時間で印刷するために開発したのがCF印刷です。CF印刷もコールドフォイル印刷も箔印刷の一種ですが、その両者は熱を用いずに転写して印刷するため、熱転写式に対して「コールド」という名前が世間的にも付けられています。コールドフォイル専用の機械も業務用ですが登場しています。

苦手なのは?

単色しか印刷できません。例えば、箔の銀と、箔の金色、ホロシルバーが混ざった柄は印刷できません。それと、SIJ印刷の方が精密に印刷できます。箔を押し付ける工法のため、拡大鏡で見ると角が若干丸くなって見えたり、あまりに細かな柄は印刷できないです。

Helvetica 2.5ptの印刷例。その上は2ptです。箔の種類、模様によって潰れ方が異なるので参考まで。


苦手部分を補うのがSIJ印刷

SIJ印刷はインクジェット印刷を応用した方式です。版を使わず、ダイレクトに印刷するため、大ロットの印刷には不向きですが、0.1mm程度の細い線、多色のグラデーションなどの印刷に向いています。 

専用コーティング紙(弊社のクリアデカールTHと同じもの)は、溶剤インクジェットインクが印刷できるように作られたもので、シルク印刷は、用紙の上にインクが「乗っている」状態なのに対し、コーティング部分に一部が含浸して印刷されます。インク量によって完全に含浸しているわけではないのですが、一部が吸い込まれて印刷されて薄く見え、表面も平滑に仕上がるため、イラストを印刷したいわゆる「痛車」や、平滑度と段差などへの馴染みが求められる「瞳」デカールに特に適しています。比較して、近年は紫外線硬化タイプのインクジェットプリンターの台頭もがありますが、表面平滑度や柔らかさで劣り、模型用として使うには貼付け面が平面に限られること部分もあります。

コールドフォイルとは違うの?

CF印刷は、一般的なコールドフォイル印刷とはまた違うものです。コールドフォイル印刷とは、オフセット印刷機に1工程プラスすることで、印刷物に特殊な箔の効果を与えるものです。例えば輝度の高いシルバーの上にCMYKをオフセット印刷することで、さまざまな色彩のメタリックを表現できるものです。雑誌などの表紙にホログラムが入っているものもありますが、あれはラミネートフィルムを貼り重ねているもので、コールドフォイル印刷ではありません。部分的にメタリックが加飾されているものにコールドフォイル印刷が採用されています。オフセット印刷機なので、数量が大きく、パッケージなどにはまだ箔押し印刷のほうが使用頻度が多いようです。

箔押しとは違うの?

熱転写式の箔印刷は、樹脂や金属の版を使って熱転写フィルムに押し当てることで対象物に箔を転写します。そのため、方法にもよりますが印刷面が凹んで見える(わざと凹ますこともありますが)ものが一般的です。CF印刷では、版を用いず、対象物に直接プリンターを使って接着剤の代替物を塗布し、転写箔を乗せて転写させています。そのため、版が不要で、少数から印刷でき、金属版を使った印刷物に匹敵する細かな柄を印刷できます。

CF印刷の図解


株式会社ハイキューパーツの運営する模型用水転写式デカールの印刷サービス。小ロットかつ高精細を両立した新式印刷デカールです。

株式会社ハイキューパーツは模型用品を専門とするメーカーです。2007年からデカール印刷の新しい方法の研究を始め、2013年にデカール印刷製法を確立。2014年には前述のSIJ印刷製法の不足部分を補うCF印刷式を新たに開発。小ロット=品質を落とすのではなく、個人でも手の届く数量・料金で高精細デカール印刷サービスを運営します。


住所/山口県山口市中央五丁目8-7 オフィスQ

電話/083-932-1323(代)※ハイキュープリント担当をお呼びください。

問い合わせ可能時間/9:30〜18:30(平日) メールでのご連絡は「お問い合わせ」より 

休業日/株式会社ハイキューパーツの休業日に準ず