SIJ印刷についての詳しい説明


ほとんどの水転写式デカールはシルクスクリーン印刷製です

市販の水転写式デカール印刷は主にシルクスクリーン印刷(以下:シルク印刷)で印刷されています。シルク印刷ではムラがない印刷が可能です。目的とする単色それぞれに対して、調色したインクを使って印刷されますので、オフセット印刷やインクジェット印刷のように、掛け合わせの色ではなく、単色の綺麗さ、均一さに優れています。一般的に「発色の良い」と評価されるのはこの部分についてのことです。また、インクさえあれば、蛍光や、メタリック色など特殊なインクを使った印刷も可能です。

シルクスクリーン印刷が苦手とするのは?

シルク印刷は「スクリーン」を使って色を印刷する孔版印刷のため、色ごとに「スクリーン(版)」が必要になります。

昔プリントゴッコを使ったことがある方は理解が早いと思いますが、簡易の孔版印刷機=プリントゴッコです。苦手なのは、多色の印刷です。イラストや、色を何色も使いたい場合、それぞれ版が必要なため、コストがかさみます。そのためグラデーション(ハーフトーンを除く)や特に細い線などの印刷が苦手です。

苦手部分を補うのがSIJ印刷

SIJ印刷はインクジェット印刷を応用した方式です。版を使わず、ダイレクトに印刷するため、大ロットの印刷には不向きですが、0.1mm程度の細い線、多色のグラデーションなどの印刷に向いています。 

専用コーティング紙(弊社のクリアデカールTHと同じもの)は、溶剤インクジェットインクが印刷できるように作られたもので、シルク印刷は、用紙の上にインクが「乗っている」状態なのに対し、コーティング部分に一部が含浸して印刷されます。インク量によって完全に含浸しているわけではないのですが、一部が吸い込まれて印刷されて薄く見え、表面も平滑に仕上がるため、イラストを印刷したいわゆる「痛車」や、平滑度と段差などへの馴染みが求められる「瞳」デカールに特に適しています。比較して、近年は紫外線硬化タイプのインクジェットプリンターの台頭もがありますが、表面平滑度や柔らかさで劣り、模型用として使うには貼付け面が平面に限られること部分もあります。


SIJ印刷の図解

SIJ印刷は、表面の平滑さに優れていますが、周囲の透明層を物理的にカットするため、カバーコートに相当するコーティング層の切断面は鋭利になってしまいます。薄いコーティング層なので表面から弱い溶剤を含ませて(模型用ではMr.マークセッターなど)スタンピングすると断面がなだらかになります。

シルク印刷の図解

色を重ねていくと厚みが出てしまいますが、カバーコート(クリア)がインクの上から印刷されるので、マークの縁が画像のように丸くなり、貼付け面への馴染みがよい利点があります。また表面が透明層で保護されるので、印刷の痛みが少ないです。


「白を刷れる」とはいっても、実は濃さが多種あります

自作デカール

「SIJ新機材白2回」、「CF印刷白顔料箔」は時間が非常にかかるため、標準コースでのみ承ります。

参考までに「C250L」+蛍光白トナーで印刷したものも並べてみました。解像度が少し足りませんが、白は濃い方です。SIJ旧機材では白2回でもかなり時間を要していましたが、新機材になって白が濃くなっております。

同じ台紙ではないので見た感じが違うと思いますが、同じ柄を弊社で販売しているシルクスクリーン印刷ホワイト2回と比較してみました。さすがにシルクスクリーン印刷のホワイト2回のほうが濃いですが、SIJ印刷は「版」を作る必要が無いので1枚から作れるメリットがあります。SIJ新機材白2回は濃度は上がるのですが、白を2回重ねるために解像感は犠牲になります。

SIJ印刷が苦手とするのが、高濃度の白印刷です。業務用を含めて一般に販売されているレーザープリンターで白が刷れるものや、別の方式の印刷機もテストプリントをお願いしたり、購入して試験を行いましたが、「模型用」としての白で干渉に耐えれるものは調査時点では手に入れることができませんでした。※その後デカール用白トナーを販売開始

 

白の濃度問題を解決するために、SIJ印刷に加えての開発が必要で、その結果生まれたのが「CF印刷」です。白の薄さを顔料箔の「白」を転写して使うことで補いました。オフセット機で普及が進んでいるコールドホイル印刷のオンデマンド版にあたるため、弊社ではCF印刷と呼称しています。白だけでなくほかの特殊箔印刷なども可能で、直営店でCFデカールとして少数ずつ販売も行うようになりました。

 

2016年10月に新機材を導入してSIJ印刷の白濃度が若干改善されました。CF印刷の白顔料箔ほどではないですが、以前よりは濃く改善されております。

上の写真のように、SIJ印刷で使う機械でも白が刷れないわけではないのですが、濃く印刷しようとすると長時間機械を専有してしまうほど時間がかかります。また、写真中の白2度印刷は、用紙内にあるほかのカラーの柄も同時に2回印刷が必要なので、カラー部分の色の調節が効きません。上の写真の場合は、柄自体が白単色なので別で印刷しました。

 

ちなみに、白の濃度だけで見れば紫外線硬化タイプのUVインクジェット機の方が、濃い白が印刷できます。が、厚みとインク硬化後の硬さに問題があり、細かな模型用には不向きと判断しました。平面への貼り付けならOK。


株式会社ハイキューパーツの運営する模型用水転写式デカールの印刷サービス。小ロットかつ高精細を両立した新式印刷デカールです。

株式会社ハイキューパーツは模型用品を専門とするメーカーです。2007年からデカール印刷の新しい方法の研究を始め、2013年にデカール印刷製法を確立。2014年には前述のSIJ印刷製法の不足部分を補うCF印刷式を新たに開発。小ロット=品質を落とすのではなく、個人でも手の届く数量・料金で高精細デカール印刷サービスを運営します。


住所/山口県山口市中央五丁目8-7 オフィスQ

電話/083-932-1323(代)※ハイキュープリント担当をお呼びください。

問い合わせ可能時間/9:30〜18:00(平日) メールでのご連絡は「お問い合わせ」より 

休業日/株式会社ハイキューパーツの休業日に準ず(基本的に土・日・祝日)