お知らせ

現在の混み具合もこちらでご案内いたします。

2017/11/17 対応データ・仕様を変更しました。

2017/10/18 定型サンプルを新しくしました。伴いまして、テンプレートデータも変更しております。

2017/10/04 発送方法変更のご案内。ヤマト運輸の送料改定に伴い、発送物はヤマト運輸と合わせて日本郵便(主にレターパック)を使用いたします。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2017/10/03 ミリタリーユーザー向けにフェデラルスタンダード595Cへの色合わせに対応いたしました。あくまで近似色ですが、標準コースのみで利用可。蛍光色・メタリック色は除きます。

2017/09/13 FAQページに単位の説明を追加しました。

2017/09/02 現在空いております。

2017/08/01 新機材2台体制に設備を拡充いたしました。

2017/04/08 料金表ページに両コースの比較表を追加しました。

2017/03/31 「鉄道模型デジタルモデリング2D&3D」ネコ・パブリッシング発行に弊社のデカール印刷サービスが紹介されました。

2017/03/27 標準コースにA10サイズとA9サイズ300シート発注時の料金を追加しました。

2017/03/03 トライアルコースに従来の半分サイズA5を追加しました。 


はじめに


模型・プラスティックモデル用の水転写式デカール(ウォータースライドマーク)を少数印刷できるサービスです。

弊社では印刷用データの作成は行いません。Adobe Illustratorで作った印刷データの支給が必ず必要です。

サイト内の「デカール」は特記がない限り、「水転写式」デカールを指します。

インスタントレタリング、ドライデカールの取り扱いはありません。

注意

著作権・肖像権・商標権等の問題が起こる可能性のあるデザインについて権利元の正式な許可が得られていない場合は弊社の判断でお断りさせていただくことがあります。一日版権取得可イベントでの販売予定物については、許諾範囲内でのデカール作成・使用に限定し、自己責任において発注して下さい。



※弊社では承れないデザインのデカール印刷をご希望の方用に、試作向けですが白が印刷できるレーザープリンター用白トナーを用意しております。別売の「クリアデカールTH」または他社のレーザープリンターに対応した自作用デカール用紙を使って、自宅で水転写式デカールが印刷できます。

2種類の印刷方式を組み合わせて作成

SIJ印刷はフルカラー印刷・高解像感を得意とし、CF印刷は金属箔や顔料箔を利用した高濃度の白、シルバー、ホログラムシルバーなどを得意とした印刷方式です。CF印刷は標準コースのみでご利用可能です。柄によってはご希望の印刷方式で印刷できないことがございます。細かい柄などは予めご相談ください。

SIJ印刷

Solvent Inkjet Printing

SIJ印刷はトライアルコース、標準コースのどちらでもご利用可能です。

 

フルカラー印刷。ソルベント・インクジェット印刷機と、専用コーティング紙を使用した印刷方式の呼称です。8色インクを使用する高精細・多色印刷が得意な製法です。また、インクジェットのためオフセット印刷における網点が出ないこと、表面が平滑に仕上げやすいなどの特長があり、イラストや瞳のデカール製造に特に適しています。

長所

  1. 細かな印刷が可能(解像度900dpi高精細)
  2. グラデーション印刷可
  3. 網点が出ない
  4. 瞳デカールに最適
  5. メタリック系も印刷可能(標準コースのみ)
  6. 版代不要

苦手なこと

  1. 高濃度ホワイト →CF印刷で補います

※2016年10月に新機材を導入して白濃度は改良されております。白とカラーが隣り合うデザインの場合や、柄の一部分だけ白を濃くしたい場合など、一部分だけをCF印刷にして補うことができません。白だけ別の用紙に印刷、重ね張りで解決する方法があります。

CF印刷

Cold Foil Printing

CF印刷は標準コースでのみご利用可能です。

箔を使った印刷方式。単色しか印刷できません。SIJ印刷の苦手な濃度の高い白淡色印刷をカバーするために追加で自社開発した製造方法です。用紙はSIJ印刷と同じ専用コーティング紙を使用します。箔印刷の一種ですが、一般的な版を使った熱転写方式ではなく、接着剤を印刷した上に転写箔を乗せて製造するコールドホイル印刷に近い方式で製造しています。白だけでなく、金属蒸着製造の金・銀・ホログラムなども印刷可能。

長所

  1. 高濃度のホワイト(スーパーホワイト)印刷可
  2. ホログラム・ミラー調金属箔印刷可
  3. 版代不要

苦手なこと

  1. 単色しか印刷できない
  2. 細かな印刷が苦手(SIJ印刷の方が鮮明です)
  3. 用紙サイズに制限あり

※箔印刷は柄によっては印刷できないものがあります(ベタが多い、細かいなど)。あらかじめご相談下さい


定型サンプルをご用意しています

下記の定型印刷サンプルは申し込みフォームから申し込めます。

※2017年10月17日更新

定型サンプルをスキャンした画像
定型サンプルをスキャンした画像

実際のデカールと同じ工程で印刷されています(ハーフカット工程を除く)。苦手な印刷や、細さの限界、文字の最小サイズ、文字の潰れ方などを見ることができます。貼り付け予定のものに実際に貼ってテストできます。

SIJ印刷
印刷の元データをJPEGで書きだしたもの

株式会社ハイキューパーツの運営する模型用水転写式デカールの印刷サービス。小ロットかつ高精細を両立した新式印刷デカールです。

株式会社ハイキューパーツは模型用品を専門とするメーカーです。2007年からデカール印刷の新しい方法の研究を始め、2013年にデカール印刷製法を確立。2014年には前述のSIJ印刷製法の不足部分を補うCF印刷式を新たに開発。小ロット=品質を落とすのではなく、個人でも手の届く数量・料金で高精細デカール印刷サービスを運営します。


住所/山口県山口市中央五丁目8-7 オフィスQ

電話/083-932-1323(代)※ハイキュープリント担当をお呼びください。

問い合わせ可能時間/9:30〜18:00(平日) メールでのご連絡は「お問い合わせ」より 

休業日/株式会社ハイキューパーツの休業日に準ず(基本的に土・日・祝日)